ハーバライフのあゆみ History of Herbalife of Japan

 
四半世紀を超えるハーバライフの歴史は、個人個人が成し遂げた業績で築かれています。それは、創立者マーク・ヒューズの志から始まり、メンバー1人ひとりの人生そのものを変えてしまうような成功によって綴られた歴史であるとも言えます。
 
 

1980年 マーク・ヒューズ、米国カリフォルニア州でハーバライフ社を創立
1992年 ハーバライフ・オブ・ジャパン開業
1994年 世界中のサポートを必要としている子どもたちに、よりよい未来を与えるために、ハーバライフ・ファミリー・ファンデーション(HFF)を設立
2000年 ハーバライフ創立20周年。世界50カ国で展開
2003年 マイケル・O・ジョンソン、ハーバライフ・インターナショナル社最高経営責任者(C.E.O.)に就任

米国本社で、ニュートリション・アドバイザリー・ボード(NAB)を設立

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)内にマーク・ヒューズ細胞・分子栄養学研究所を開設
2004年 ハーバライフ・インターナショナル社、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場(12月)
2005年

ハーバライフ・オブ・ジャパン、アジア最大の女子テニス公式戦「東レ パン・パシフィック・テニス」にオフィシャル・スポンサーとして協賛(2月)

ハーバライフ・オブ・ジャパン、神田から赤坂に本社オフィスを移転(5月)。また、体験型ショールーム「ハーバライフ・ニュートリションセンター」を開設(7月)

日本医学顧問委員会を設立(5月)

新スキン・ケアシリーズ「ニューリフュージョン」を日本でも発売

ノーベル賞†受賞者でサイエンティフィック・アドバイザリー・ボード(SAB)メンバーである、ルイス・イグナロ博士と共同開発したサプリメント「ナイトワークス®」を日本でも発売(8月)。主要製品フォーミュラ1 プロテインドリンク ミックスに次ぐヒット製品になる
†ノーベル財団は、ハーバライフとの提携関係にはありません。従って、当該財団はハーバライフ®製品の監修、承認、推奨はしません。

ハーバライフ創立25周年。ハーバライフの純売上が16億ドルに

ハーバライフ・インターナショナル社のマイケル・O・ジョンソン(C.E.O.)、米ダウ・ジョーンズグループの大手金融情報サイト"Market Watch.Com社"が行なっている、「読者が選ぶ年間C.E.O.賞」に選出

子供たちの食栄養環境をサポートするCASA HERBALIFE(カーサ・ハーバライフ)プログラムが日本でもスタート。神戸市の「神戸事業学院」に(12月)

2006年

「フォーブス」日本版で6ページにわたる「ハーバライフ特集」(1月)

バレーボール国内トップ・リーグ・Vリーグのファイナル・ラウンドにマーケティング・パートナーとして協賛(3月)

毎日新聞に広告掲載(4月)

ハーバライフ・オブ・ジャパン、オフィスを赤坂に移転(5月)

日本で2番目、世界で21番目のCASA HERBALIFE プログラム支援が東京の「カリタスの園 小百合の寮」でスタート(12月)

2007年

ハーバライフ・オブ・ジャパン、「東レ パン・パシフィック・テニス」オフィシャル・スポンサーとして3年目を迎える(2月)

ハーバライフ・インターナショナル社、米国メジャーリーグ・サッカー「ロサンゼルス・ギャラクシー」と5年間のスポンサー契約(3月)

世界65カ国でビジネスを展開(7月)

大阪にショールームをオープン(9月)

トランポリン廣田遥選手に対するサポートを開始

ハーバライフ・オブ・ジャパン、15周年を迎える(11月)

2007年通期の純売上20億ドルを達成

2008年

世界66カ国で展開(8月現在)

ハーバライフが世界各国で支援するアスリート5名が北京オリンピックに出場(8月)
日本からはトランポリンの廣田遥選手が出場

世界70カ国でのビジネス展開に拡大(11月)

2009年

ハーバライフ・インターナショナル社、イタリアセリエA 「インテル」 社とオフィシャル・ニュートリション サプライヤー契約(2月)

世界72カ国でのビジネス展開に拡大(11月)

2010年

世界73カ国でのビジネス展開に拡大(5月)

2011年

世界75カ国でのビジネス展開に拡大(10月)

2012年

世界80カ国以上でのビジネス展開に拡大(1月)

 
   
創立者 マーク・ヒューズ

10代の頃、マーク・ヒューズは母親がダイエットに苦労している様子をみていたことから、いつか健康的なダイエット・プログラムを開発したいと夢見ていました。 その後、栄養について勉強するために中国に渡り、漢方と出会います。こうした経験から、ハーブと科学を調和させた製品開発の基礎を編み出し、1980年にハーバライフを創立、最初のメンバーとなりました。 製品を通じて、「人々の生活を向上させる」という彼の信念は、四半世紀以上がたった今なお、より強固なものとなって受け継がれています。

詳細はこちら
 

ページ上部へ

日本Japan-日本